常夏シンガポールより

おもしろイタリア人と国際結婚、シンガポール在住6年目のCOCOAの気持ちをつづります。

シンガポールグルメ 絶品餃子「ハンドインハンド」

 

はじめに:焼き餃子を語る

 焼きより蒸し餃子が主流のここシンガポールでは、とにかく焼き餃子を置いている店が少ない。

無類のビール好きを誇る私が、ビールを飲むための食を探し、ビールに合うつまみを探し続けてきた私が、ビールに1番合うと胸を張って言えるつまみが、焼き餃子。

 

焼き餃子を食べる時に麦茶を頼む人とは友達になれないし、焼き餃子の置いている店でそれを頼まないない人とは、友達になれない。高級料理店であれ、庶民派レストランであれ、焼き餃子を置いている店では必ず、焼き餃子を頼む人生を送ってきた私を、「シンガポールでは、ここだ。」とうなずかせた店。「ハンド イン ハンド」。

 店内について

ごちゃごちゃとした超ローカルエリア「リトルインデイア」にある、なんとも庶民派なレストラン。「ふーん、可もなく不可もない中華料理屋。」っていうのがお店についての感想。

f:id:Kokoasan:20190403230114j:plain

f:id:Kokoasan:20190404133045j:image

おビール

生ビールをおいている店が少ないシンガポール庶民的レストラン。ハンドインハンドも生ビールは置いていないけど、瓶ビールの値段と冷え具合は、「バッチリ」と私を笑顔にさせる。

青島ビールは大ボトルSGD7.5とお安く、冷え具合、ボトルはもちろんのこと、グラスもキンキンに冷えている。

 お料理

豆苗のいためものはしゃきしゃき感がたまらない。ばくばく食べても罪悪感もない。味も塩にんにくの薄味で最高。

辛いスープに茹で餃子もプリっぷりでおいしい。ビールがどんどん進んでしまう料理であることは間違いないのは、ビール好きならみただけでわかるよね。

 

f:id:Kokoasan:20190404092908j:imagef:id:Kokoasan:20190404092920j:image

そしてそしてお目当ての焼き餃子。「羽が、羽がついてるー。」

天使の羽はさくっさく。もちもちだけどうすーい皮に、ぷりぷりの海老とたっぷりのニラ、豚肉の餃子。小ぶりなのでいくらでも食べれちゃう、もはや魔法の餃子。

f:id:Kokoasan:20190404092857j:image


おまけにメニュー

写真入りのメニューだから頼みやすい。

f:id:Kokoasan:20190404132956j:image

f:id:Kokoasan:20190404133018j:image

まとめ


いかがでしたか?シンガポール一の餃子屋さんは、ローカルエリアにたたずむ、庶民派レストランなのです。餃子以外もどれもリーズナブルで絶品料理が味わえるハンドインハンド、是非一度いってみてくださいね。