常夏シンガポールより

2014年シンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在子育て中。

シンガポール 子連れに優しいカフェ「Book Cafe」

 

シンガポール ロバートソンキーにある人気カフェ「Book Cafe」。Wifiの繋がりもよく、ずっと居心地よく居座れるソファ席もあり、本を読んだり仕事をするのに使っていたカフェ。

 

よく赤ちゃん連れ、ベビーカーで来るお客さんが多いな、とは思っていたけど、赤ちゃん連れが多いお店、イコール赤ちゃんに優しいお店なんだな、ということを子供が産まれて初めて分かった。

 

場所、外装、内装

住所:20 Martin Rd, #01-02 Seng Kee Building, Singapore 239070

ロバートソンキーの川沿いから1本奥、ブティックホテル「Studio Mホテル」の向かえにある「Book Cafe」。

f:id:Kokoasan:20210102145239j:plain

ちょっと薄暗くて、みんなノートパソコンで仕事してたり、本を読んでいたりとしーんとした感じではじめは入りづらかったけど、慣れると全然平気。

f:id:Kokoasan:20210102145508j:plain

外のテラス席、中のテーブル席と、中のソファ席があって、私はベビーカーで子連れなら、迷わず外の席へ。

 

1人でゆったりとできるときは中のソファ席、仕事関連で食事プラス打合せをするときは、中のテーブル席、と使い分けている。

f:id:Kokoasan:20210102145533j:plain

実食

食事はサラダやサンドイッチといった軽食、ブレックファーストメニュー、そしてパスタやカツレツといったがっつりメイン系まで楽しめて、何を食べてもおいしい。

f:id:Kokoasan:20210102151017j:plain

ただ、「長居する料金」が含まれているのか、料金はカフェメニューにしては高めの設定。

 

なので私は最近は、コーヒー1杯で粘るのだ。

 

カフェラテは、SGD6.5(税抜き)。

f:id:Kokoasan:20210102123126j:plain

子連れに優しいポイント

ソファ席の横に子供のおもちゃ、本棚に子供の絵本が置いてある以外では、おむつ替える台があること

 

f:id:Kokoasan:20210102150457j:plain

しかもこれがトイレの中ではなくて、トイレの横にあるのがすごく楽。たぶんカフェ的には置く場所なくてここに置いたんだろうけど、赤ちゃんのおむつ替えるたびにトイレの中に入らなくていいし、誰かが入ってる心配もない。

 

こんな些細なことで、赤ちゃん連れのお客さんは嬉しくなれるんだな。

 

まとめ

今まで1人で行くのが大好きだったBook Cafeを、子供ができてからますます好きになったという話でした。