常夏シンガポールより

2014年シンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在子育て中。

シンガポールで14日間のホテル隔離体験~隔離中に見ると気分が盛り上がるかもしれない映画3選

ホテル隔離にしても、中だるみってあるんだな、と思う。8日目の昨日は結構精神的につらかった。

SMSでPCR検査の日程案内が来て、なんとなく終わりが見えてきたと同時に、心から「ああ、嫌だ。」と思ってしまったのが昨日。

 

自分は囚人なんじゃないか、とさえ思い込み、でも牢獄にいる囚人だって、ご飯はみんなで食べるんだろうな、いいな、と囚人にさえ嫉妬してしまう、というくらい心がすさんでいた。

 

赤ちゃんがあまり寝なかったのもあるかもしれない、生理痛がひどかったのもあるかもしれない。ただ、改めて思った。

2週間って、結構長いよな、と。

 

そんな少し病みだした私が思いついた特集「隔離中に見るべき映画たち」。今までみた監禁系映画を探して一人で喜ぶ、ということしていたので、せっかくなので、思いついた映画をここにあげてみる。

 

ルーム(Room)

 

誘拐された母とその子供が監禁されていた部屋から脱出し、外で人と関わり成長していく映画。

 

 

ホステル(Hostel)

バックパッカーの若者が訪れたチェコ共和国で、監禁され痛めつけられる映画。実話だというから、怖さが増す。

 

ソウシリーズ(Saw)

すごく曖昧だが、密室に閉じ込められて、脱出しようとしてもできない、的な映画だった気がする。私は1作目か、2作目までしか見てないけど、全部で8本もでているみたい。

-----------------------------------------

これから隔離を体験する人は、隔離中に見ると気分が盛り上がるかもしれない。

f:id:Kokoasan:20201208163420j:plain