常夏シンガポールより

2014年シンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在子育て中。

シンガポールでホテル隔離体験~番外編~娘との時間

娘が産まれてから今まで、4か月以上も、私は両親の助けを得ながら子育てをしていた、というよりも両親と一緒に子育てをしてきた。

 

2人ともものすごく協力的で、今でも感謝しかないが、子育て経験者の頼れる人が2人も常にそばにいると、自分自身が、子供と、子育てと100%向き合っていなかったのも事実。

 

「赤ちゃん寒いかな、もう1枚着せた方がいいかな。」「赤ちゃんなんで寝ないんだろう。」「赤ちゃん肌赤くなってるけど、病院行った方がいいかな。」という風に、なんでもかんでも親に聞き、確認をとり、指示を仰ぐ。

 

親の育児論を聞きながら、自分で考えるということをせずに、過ごしてきた。

 

そして、赤ちゃんが泣いても、親2人がそばにいると、「泣いてるよ~。」と言いながらお茶を飲んだり、赤ちゃんが機嫌よく笑っていようとも、「ちょっと車貸して。ドライブしてくる。」と、息抜きしたい欲が勝っていた。

 

今、シンガポールで「絶賛ガチンコワンオペ育児」を強いられて、娘と全力で向き合うようになった。

 

娘が泣けば「なんで泣いているのだろう。」と理由を追及し、娘が笑えば「もっと喜ばせたい。」と、ありとあらゆることをする。

お風呂の入れ方も、入れる時間も私次第だし、湯冷めしないように工夫し、汗をかけばあせもにならないようにクリームをたっぷりぬる。

 

娘が寝た後の1人時間を、とても貴重なものだと感じられるようになった。

 

だから、この2週間は私にとって必要だった。

 

無事に2週間のガチンコワンオペ育児を卒業し、旦那という育児の新入社員に、指導できる。

 

f:id:Kokoasan:20201210222216j:plain