常夏シンガポールより

現地採用でシンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在シンガポールで子育てしながら旦那と会社経営しているKOKOAの日常。

シンガポール カジュアル飲茶店「Tim HoWan」のクォリティーの高さよ

香港発祥の有名飲茶店「Tim Ho Wan」。小籠包が有名な台湾発祥の有名飲茶店「Din Tai Fung」は日本にも上陸していて有名だけど、この「Tim Ho Wan」は日本に上陸していないのでシンガポールに来た際は是非行ってみてください!と特別感をだそうとしたけど、念のため調べたら、すでに上陸してた。。

2018年に日比谷にオープンしたらしい。

場所と内装と外装

住所:1 Kim Seng Promenade, シンガポール 237994

最近リニューアルして生まれ変わった、シンガポールのリバーバレー(River Valley)エリアにあるGreat World Cityモールの中にある「Tim Ho Wan」。

シンガポールに何店舗もある「Tim Ho Wan」だけれど、どこも予約はとっていなくて混んでいるので、ここはきれいで空いていて穴場的。

f:id:Kokoasan:20200622103228j:plain

店内はカジュアルだけど、とても清潔感がある。

実食

まず、私がいつも飲茶料理店で頼む「海老ワンタンヌードル」。

プリっぷりの海老ワンタンがごろんと何個も入っているて、硬めの卵麺も、あっさりとしたスープも最高においしい。

 

日本人のために考案したんではないだろうか、というほど日本人の口に合う。

 

いつも店員には露骨に嫌な顔をされるけど、辛い物好きの私は、「刻んだ唐辛子(Sliced fresh chili)」を持ってきて、と店員に頼んでいる。

物怖じしない辛い物好きな人は一度試してほしい。

f:id:Kokoasan:20200622103245j:plain

f:id:Kokoasan:20200622103241j:plain

つぎは旦那が必ず頼む飲茶たち。

米粉で作ったクレープのようなものにひき肉が巻かれていて、ソースが甘い食べ物。皮がもっちもちでおいしいんだけど、私的にはソースがちょっと甘すぎる。

f:id:Kokoasan:20200622103233j:plain

そして揚げたゴマ団子の中カスタードクリームが入ったもの。このデザートらしき食べ物を、いつも中華系の人々は食事と一緒に頬張っている。

日本だったら、「デザートはお食事の後に持ってきましょうか。」とでも聞かれそうなものだけど、ここはカジュアル飲茶店inシンガポール。

できたものからどんどん出てくるスタイルだ。

 

絶対に気を付けて食べないと舌を火傷してしまうこれを、いつも頼んでいるのに必ず舌を火傷する旦那。

カスタードは甘すぎず、皮がもっちもちで、白ごまはカリッかり。

f:id:Kokoasan:20200622103237j:plain

写真からだいたい想像できると思うけど、海老シュウマイはプリっぷり、肉ちまきはもっちもちで両方とても美味。

f:id:Kokoasan:20200622103250j:plain

 

f:id:Kokoasan:20200622103303j:plain

---------------------

よく、胸焼けする飲茶料理があるけれど、 「Tim Ho Wan」のお料理はすべて味付けが薄め。カジュアルな飲茶店なのに、お上品な味付けで、油っぽさが全くないの。

お値段も一皿SGD5(約400円)ほどでリーズナブル。

是非行ってみてください!