常夏シンガポールより

2014年シンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在子育て中。

シンガポール 子供ヘアカット専門店「Scissors Paper Stone」で1歳の子供の髪を切る

1歳6か月の娘の前髪が伸びてきて、毎朝ちょんまげに髪を結っていたのだが、娘が泣いて嫌がるので、初のヘアカットに行ってみた。

 

口コミを見つけて行ってみることにしたのが、「Scissors Paper Stone(シザーズ ペーパー ストーン)」。シンガポール内に数店舗あるらしいが、私が今回行ってみたのは、マリーナスクエア店。

f:id:Kokoasan:20211213123420j:image

近くに明治屋や、ドンキがあるので、後で寄ってみるのもいいかもしれない、という思いから。

 

マリーナスクエアの3階、Mother's Careのすぐ近くにある「Scissors Paper Stone」。

 

子供専門のヘアカット店というだけあって、店内はなんともポップでキュートな感じ。

f:id:Kokoasan:20211213123423j:image

平日の午後2時くらいに、予約なしで訪れたけれど、客は誰もおらず、2人いるローカル従業員が店でご飯を食べていた。

 

今から切ってくれるか、と言うと、口をもぐもぐさせながら手で、「そこに座れ」と合図される。

 

座席ごとにタブレットがついてる席で、子供用Youtubeを見せられテンションがあがった娘。

f:id:Kokoasan:20211213123431j:image

これは初カットいけるか!?と思っていたのだが、おばさんが娘にヘアカット用マントをつけた瞬間に、思わぬ展開に大泣きしはじめた。

 

軽くうろたえる私に、全く動じないおばさん。やっぱり泣いたか、という感じで軽くため息をつき、私に抱っこしろと言う。

f:id:Kokoasan:20211213123418j:image

抱っこすると、首元にタオルをあてるわけでもなく、今から切るよ、と言うわけでもなく、おもむろに娘の髪を切りだしたので驚いた。

f:id:Kokoasan:20211213123428j:image

初めてのことで、泣きながら、首をぶんぶん振る1歳ちょっとの子供を、あやすでもなく、チョキチョキと無言で切り続ける。

 

私ははじめこそ心配だったが、まあこのおばさんの自信を見ると大丈夫だろうと肝が据わり、娘を抱っこしながら写真を撮ったりビデオを撮ったりした。

 

一通りハサミを入れ、もうそろそろ切り終わりかな、と言う頃に、「好みのヘアスタイルはあるのか。」とおばさんが聞いてきたのでまた驚いた。

 

はじめに聞けよ!と思いながらも、1歳児の髪型スタイルなんて思いつかずに「前髪はなるべく短く」とだけ言った。

 

たぶん15分ほどで切り終わった。

 

ヘアカット代金SGD26

 

これが安いのか高いのかわからないけど、とりあえず終わった。

 

娘の服や、襟元は髪の毛だらけで、それを軽くブラシで払って粉を振ってくれた。

髪の毛はまったくとれてないが、お構いなしだ。

 

それでも娘の髪型はかわいくなった。おかっぱがとても似合う。

 

泣き疲れて呆然としている娘に、ジュースを飲ませ、お菓子を食べさせ、どっと疲れた私は、楽しみにしていたドンキと明治屋の寄り道をとばして、家路についた。

 

店内はポップでキュート、ヘアスタイリストはローカルおばちゃん、でも腕は確かだ。

 

ちなみに、今回は娘の初ヘアカットなので、切った髪の毛をほしいと言ってみたら、もちろんOK。帰りに封筒に入れてくれた。

 

次回訪れるとき、娘はちゃんと座れるようになっているかな。

 

f:id:Kokoasan:20211213123426j:image