常夏シンガポールより

おもしろイタリア人と国際結婚、シンガポール在住6年目のCOCOAの気持ちをつづります。

稽留流産の兆候

f:id:Kokoasan:20190223213726j:plain


稽留流産の兆候

8週と4日の検診で初めて心拍を確認して、心拍が確認できたら流産のリスクは大幅に下がります、という何かの情報を鵜のみにし、「ほっ」としていた。

その日の夜は旦那とピザやらアイスクリームやらを浮かれた気分で買い、ジャンクフードパーティを開いた。

 

その2日後、8週と6日目、2019年2月16日土曜日の朝、うっすらと、トイレットペーパーにつくくらいの出血があった。「昨日おしりを掻いた時の傷から血がでたのかな。」という感じ。

ほんのちょびっと、「点」くらいの血が。

 

心拍がすでに確認できたあとに微量の血に、私は何の心配もしなかった。

 ネット上でも、妊娠初期の出血はよくあること、鮮やかな色の血でなくて、腹痛もなければ大丈夫、と書いてあったし。

腹痛も全くなく、出血もその時の「点」どまりだったので、私たちはその週末をただ普通に楽しく過ごした。友達と会い、赤ちゃんの話をした。それは幸せで、希望に満ちた週末だった。

 

月曜日から、私は普通に会社に行った。1日に1滴くらいパンツに血がつくこと以外は何の心配もなかった。私はどうしても、気づけなかった。

赤ちゃんの生命力を信じてたし、そんなことくらいで取り乱す自分が嫌だったから。

 

そして、2月22日金曜日、最初に血が出てから1週間後、「1滴だった血が、ちょっと多くなっていた。」それでもほんのちょっと。

出血以外では腹痛も、他に気になる点も全くなかったので、それでも、「なんでもないことを証明しに、一応病院行っておくかー。」という軽い気持ちで、念のため病院に行った。

稽留流産がわかった日

結果、赤ちゃんの心臓は止まってた。前回の心拍確認からたった2日後に、赤ちゃんの心臓は止まっていたらしい。

2cmの赤ちゃんのエコーと動かない心臓。

1滴の血が出たその日だった。

 

なんでもっと早く気付かなかったんだろう、心臓動いてないのに1週間も私のお腹にいさせてしまった。

 

「出血した日に気づいても、どうしようもできなかった。初期流産はよくあることだからね。」と先生は言った。

初期流産はよくあること、これもネットにはよく書いてあった。

ただ、私がこれに当てはまるなんて、思いもしなかったんだ。

 

あの時から、「これには意味があるはずだ」と何度も何度も考えた。そうしないととても気持ちを落ち着けれなかった。あなたのたった8週6日の命。私の嬉しかった気持ち、旦那の嬉しかった気持ち、その後の絶望。

 

何度も流産している人もいるんだし、自分もこれくらいのことで泣いてられない、と強がったり、不妊治療してる人もいるんだし、と比べてそれよりはマシだ、と思おうとしたり、そして、よくあることだ、と何度も何度も自分に言い聞かせても、一度母親になってしまったその気持ちを、なかったことにはできないんだ、と知った。

 

だから、私はこう願い、想うことにした。

 

また巡り合えるといいな。その時まで、もっと強く優しい人間になって、あなたを迎えるからね。

 

 

 

8週4日ー心拍確認

f:id:Kokoasan:20190223212956j:plain

 

 

8週6日ー心拍停止

f:id:Kokoasan:20190223212914j:plain