常夏シンガポールより

2014年シンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在子育て中。

娘のはじめての胃腸炎

金曜日の夜、やっと週末だね、と言いながら家でピザを頼み、いつものようにだらだらと家族で過ごした。

 

そしていつものように娘は眠りにつき、夫婦でワインを飲みながらくつろいでいると、急に「ギャー」と叫び声が聞こえ娘の部屋に行くと、ベビーベッドいっぱいに吐いていた。

 

慌てて抱き上げた私の肩にも勢いよく吐き、予想しなかった出来事に、私は軽くパニックになった。

 

娘が吐くその瞬間を見てない旦那は、「そんなにパニックになるなよ。これは君がパルメザンチーズをあげすぎたからだな。」と軽い口調で私のせいだと断定した。

 

その夜、ピザにかけるパルメザンチーズを、「そういえばパルメザンチーズは赤ちゃんでも食べれるんだよね。1日小さじ1杯までならオッケーなんだっけ。」とか言いながら、一つまみ食べさせてみると、パクパクと食べたので、調子にのってパルメザンチーズのみ手でつまみながら食べさせていたのだ。

 

私は激しく落ち込んで、とてつもなく自分を責めた。

 

ワインを飲みながら、おもしろがってチーズを与えはしなかっただろうか。大人だってそのままパルメザンチーズを口にすると刺激が強いのに、初めてチーズを食べる赤ちゃんに、パルメザンチーズをそのまま与えたのだ。

 

とりあえずシーツをかえ、床を拭き、娘の体を拭き、着替えさせ、自分の着替えをして、驚いて泣く娘をあやしながら、一度眠りにつかせたけど。

 

その夜娘は、何度も何度も吐いた。

 

私は一睡もできず、申し訳ない気持ちになりながら、迎えた朝。

 

今度は下痢がはじまり、軽く熱がでて、週末の予定を全てキャンセルして、溜まっていく洗濯物を処理しながら、娘の世話をしていたところ、今度は旦那が気持ち悪いといい吐き、熱がでた。

 

えーっと、娘の体調不良の原因が私が与えたチーズなら、旦那にうつるのだろうか。疑問に思っていると、保育園の先生からチェーンメールがきて「保育園で感染症胃腸炎(Gastroenterities)が流行っているので、下痢や嘔吐の症状がある場合は保育園を休みましょう。」と。

 

私があげたパルメザンチーズが引き金になったかもしれないけれど、とりあえず直接の原因はチーズじゃなかった。保育園で他の子供から移った菌だった!

 

これが先輩ママたちがよく言う「幼稚園行きだすと、他の子供から風邪うつって、子供から親にうつって大変だよー。」というやつだ。

 

生後8か月、風邪などの体調不良もなくいままできたのがラッキーだったのだ。

 

これから当たり前のように増えていくであろう、子供の急な体調不良にも、慌てず、強く冷静でいること、とこれからの自分に命じた

 

そして、旦那に対しては、「こいつ使い物になんねーな。」という怒りの感情しかうかばなかった。

 

体調不良の娘の世話をしている時に、「お腹すいたー」と言ってくる旦那に、「体調悪いのに、食欲はあるのかよ。」と腹立たしい気持ちになり、「熱37.2度もある!」と報告してくる旦那に、「その体で、37.2度なんて平熱だろ。」といらだった。

 

旦那には、私には絶対うつすなよ、と殺気立ちながらも、台本棒読みで「ハヤクヨクナルトイイネ」と繰り返し言っていた。

 

旦那の急な体調不良には、上手に気遣うフリを覚えること、とこれからの自分に命じた。

 

f:id:Kokoasan:20210330125024j:plain