常夏シンガポールより

2014年シンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在子育て中。

クラークキー室内プレグラ「The Joy of Toys」

The Joy of Toys場所

ドンキドンキが入っていることで有名なクラークキーセントラル。その3階にある「The Joy of Toys」。

 

クラークキーMRT駅の真上にあり、バス停も目の前。アクセス抜群。

 

f:id:Kokoasan:20210812101919j:plain

 

The Joy of Toys料金

料金体系はこちら↓


娘はToddler Play Space利用なので、SGD18。

 

遊び場のスペースがかなり限られている+1歳以下の子供なのにちょっと高いんじゃないか、というのが正直な感想。

 

The Joy of Toysで遊んでみよう

ここのプレグラは、18か月未満の子供しか入れないToddler Play Spaceと、もう少し大きな子供が遊ぶエリアが完全に別の部屋でわかれている。

 

1歳以下の娘はもちろんToddler Play Spaceへ。

 

Toddler Play Space

f:id:Kokoasan:20210812101947j:plain

 

とても清潔感があり、おもちゃはたくさんある

f:id:Kokoasan:20210812102015j:plain

f:id:Kokoasan:20210812102047j:plain

ただ私的には、自分の1歳以下の娘が楽しめるかは別として、ボールプールだったり、トランポリンだったり、もっとエキサイティングな遊具がほしいところだ。

 

ただ、私の友人は、このすべてを見渡せるスペースがお気に入りで、「座って子供を見てればいいだけだから楽。」と言う。

 

壁際にあるソファで座って携帯いじってるんだって。

f:id:Kokoasan:20210812102106j:plain

そういう考え方もあるのか。。。

 

Main Play Space

ちなみに、中には入らなかったけどMain Play Spaceはこんな感じ。

f:id:Kokoasan:20210812102414j:plain

大きい子供が楽しめる感じ。

f:id:Kokoasan:20210812102431j:plain

まとめ

娘がもうちょい大きくなって、1人遊びをしてくれたり、勝手に居合わせた子供と遊んでくれたりするのなら私もこの限られたスペースを気に入るのかもしれない。

 

ただ、やっぱり小さい割に高いよな、というのが感想。アクセスは抜群、クラークキーという好立地にあるので、ドンキドンキで買い物ついでにちょっと子供を遊ばせよう、という使い方が良いんじゃないかな。

 

その他シンガポールプレグラの記事は↓