常夏シンガポールより

2014年シンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在子育て中。

シンガポールでイタリア人がおすすめするアイスクリーム店「Creamier」VS「APIARY」

 

常夏シンガポールでは、当然アイスクリームが手放せません、となるのかと思いきや、シンガポール人はあまりアイスクリームを好んで食べている様子はない。

体が冷えるものを食べない、という中華系の文化からきているのかもしれない。

 

ただ、本格的なアイスクリーム(ジェラート)を売るお店はいくつかあって、ジェラートの国、イタリア人旦那は、毎週末の楽しみとして、アイスクリーム屋をめぐっている。

私の中でアイスクリームと言えばハーゲンダッツやサーティワンアイスクリームなのだが、それを旦那に言ったところ、軽蔑した目で「アメリカのアイスクリームはアイスクリームではない。砂糖の付いた氷だ。」と言い放った。

 

ちなみに、はじめて旦那とイタリアに行ったときに、イタリア人のジェラートに対する執着に驚いた。

冬の寒空の下、夜中に、ジェラートを、お酒のしめとして食べるのだ

 

日本ではしめにラーメンを、アメリカではしめにピザを、カナダではホットドックを、メキシコではブリトーを食べた私も、しめに食べるアイスクリームに違和感を覚えた。

100種類はあるのではないか、というジェラートの中から、試食を何度も繰り返しお気に入りを購入する。確かに、どのフレーバーを食べても砂糖のついた氷の味はしない。素材の味が活きたとろける芸術。

そんな芸術には及ばなくとも、芸術を知る者が数ある中から選んだシンガポールのアイスクリーム屋さん。2店にしぼられました!

濃厚ジェラートを舌の上で転がそう「Creamier」

店内の様子

シンガポールに何店舗かあるシンガポール生まれのチェーン店「Creamier」。

私たちが訪れたのはゆったりしたおしゃれエリアにある「チョンバル店」。ここはアイスクリームだけではなく、どちらかと言えばワッフルとアイスクリームがウリのお店のようで、店内ではふわふわワッフルとアイスクリームを写真に撮り喜ぶ若者の、微笑ましい姿が見られた。

旦那はもちろんそんな若者には目もくれず、真剣な顔でジェラートの種類を吟味。

f:id:Kokoasan:20200605220142j:plain

店内はカフェのような雰囲気で、明るくて入りやすい。コーヒーメーカーも本格的なようなので、カフェとして使用するのもありなのかな、と思う。

f:id:Kokoasan:20200605220156j:plain

ジェラート人気の種類は、

  • Roasted Pistachio
  • Sea Salt Gula Malaka
  • Earl Grey Lavender
  • Hokey Pokey

1スクープSGD3.8(約300円)、ダブルスクープSGD6.6 (約580円)

f:id:Kokoasan:20200605220150j:plain

実食

写真はRoasted Pistachioと、Hokey Pokeyのダブル。ピスタチオ味は、ピスタチオのつぶつぶも感じられて、超濃厚。もはやピスタチオ味のアイスクリームを食べているのか、冷たいピスタチオを食べているのか混乱してくるほど。

Hokey Pokeyは、濃厚ミルクとほんのりはちみつがきいたアイスクリーム。こちらも濃厚、シンプルミルク味のくせに、ねっちょりと口の中でその存在感を放つ。

 

旦那の感想は、「近い、限りなく近い。」だった。本場のジェラートの味に限りなく近いということだろう。

シンガポール発祥のアイスクリーム屋は、密かにジェラートの本場出身イタリア人から、「合格」の通知を受けた。

f:id:Kokoasan:20200605220201j:plain

サッパリ派のアイスクリーム「APIARY」

店内の様子

最近勢いを増すグルメストリート「Keong Saik Rd」近辺にあるアイスクリーム屋さん「APIARY」。

こちらはCreamierよりも若干年齢層が高いかな。店内もシンプルな感じで、カフェメニューやワッフルなんかもあるけれど、こちらのほうが「アイスクリーム屋さん」という感じ。

アイスクリームの種類もこちらの方が多い。

f:id:Kokoasan:20200605220138j:plain

ジェラート人気の種類は、

  • ブルーミルク
  • ほうじ茶
  • APIARY

1スクープSGD3.8(約300円)ダブルスクープSGD7.2(約630円)。

 

f:id:Kokoasan:20200605220151j:plain

実食

私が食べたのはココナッツとAPIARY。看板メニューの「APIARY」は、ミルクとはちみつフレーバーのアイスクリームに、チョコレートチップをまぶしたもの。チョコレートとはちみつといえども甘さ控えめさっぱりとしている。

そしてココナッツアイスクリームは、もっとシャーベット状になっているのかと思いきや、濃厚でココナッツミルクがきいている感じ。

 

f:id:Kokoasan:20200605220101j:plain

 旦那は静かに「GOOD」と言った。

----------------------------------------------

私個人の感想は、APIARYの方がおいしい。さっぱりしているのにコクがあり、食べやすい。

旦那に、「ねえねえ、どっちがおいしかった?」と聞くと、「両店合格だ。ただ、おいしい場所にランキングを付ける必要はない。」と、評論家ぶったむかつく答えが返ってきた。

イタリア人が絞った「シンガポールで限りなく本場に近いおいしいアイスクリーム屋さん」2店でした~。