常夏シンガポールより

2014年シンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在子育て中。

シンガポール学校も閉校に。保育園へ通わせるかの判断。

昨日、娘を寝かしつけ、さあゆっくりするか、とリビングに戻ると、「学校閉鎖だって。」と旦那が教えてくれた。

日曜の午後8時に、今度は水曜から学校閉校になりますからね、っていうアナウンスとは。

 

さすがシンガポール。

 

保育園は対象にならないので、私的にはあらあら大変ですねー、と他人事だけど、対象になる子供を持つ親はどんなに慌てたことだろう。

 

子供だって精神的に不安定になってしまうのではないか。

 

保育園は対象にならないとしても、果たしてこの状況で9か月半の娘を保育園にいつも通り通わせるべきか否か。

 

私は揺れた。私だってやらなきゃいけない仕事があるし、娘が保育園に行ってくれれば自分時間だってできる。ましてや保育園は通常通り通えるのに、娘を休ませるなら高い保育料だって無駄になってしまう。

 

リスクは多少あるかもしれないけど、やっぱり行かせる方向かな、と思い、その旨を旦那に告げると、旦那は「娘は保育園に行かせない。今週いっぱいはとりあえず様子をみよう。」と断言した。

 

「君の仕事はいくらでも融通がきくんだ。まだ1歳未満で保育園や幼稚園に通うべき年齢でもない。落ち着くまで明日から娘は保育園に行かせない。」と。

 

旦那の明確かつ的確な判断力を尊敬すると気持ちと、翌日から四六時中赤ちゃんと一緒か、という「とほほ感」が同時に襲ってきたけれど。

 

シンガポールはウィルス全滅のため、本日5月19日から5月28日までシンガポール学校閉校という新たな規制を仲間に加えた。

 

関連記事↓

f:id:Kokoasan:20210517235956j:plain