常夏シンガポールより

2014年シンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在子育て中。

週末家族ブランチにおすすめ。デンプシーヒルOpen Farm Community

週末はいつも近場で過ごしていた家族が、重い腰をあげて少し遠出してみたら、とても楽しかった件について。

 

場所と内装と外装

 

住所:130E Minden Rd, Singapore 248819

ビバリーヒルズを想像してしまいそうな、Dempsey Hill(デンプシーヒル)という、シンガポールの街はずれにある「Open Farm Community」レストラン。

 

土曜日のブランチは予約必須の大人気店。国を出れない分、週末に少しでも旅行気分が味わえるデンプシーヒルエリアはどこも人でごった返している。

 

ざっくりと、「ヨーロッパのレストランみたい」感じ。

f:id:Kokoasan:20210313232942j:plain

予約してない客は有無を言わず断られていたので、予約は必須で。

 

f:id:Kokoasan:20210314162233j:plain

店内の席もあるけれど、予約するならテラス席がおすすめ。緑をみながら、木々の香りを感じながらのブランチは、未来都市シンガポールでは本当に貴重。

 

オープンなファームというコンセプトから、ハーブなどはレストランで育てたものを。にわとりも放し飼いでレストラン横の庭にいた。

 

f:id:Kokoasan:20210314162603j:plain

走り回れる年頃の子供たちは、庭やレストラン横の小さな公園で楽しそうに外で遊んでいたので、子供連れブランチには最高の楽園。

f:id:Kokoasan:20210314162619j:plain

実食

自家製フォカッチャSGD7。パンはふかふか。真ん中の、自家製コーヒーバターがすごくおいしかった。

f:id:Kokoasan:20210313232947j:plain

 マッシュルームのエッグトーストSGD24。さっぱりしていておいしい。卵は全て庭で放し飼いで飼われてる鶏からとれているそう。

 

素材の味が活きていておいしい。

f:id:Kokoasan:20210314163130j:plain

ステーキオープンサンドSGD30。旦那は味がない、と言っていたけど、素材の味が活きていた、ってことで。

f:id:Kokoasan:20210314163308j:plain

まとめ

レストラン横で育てたハーブを使用していようとも、ここはシンガポールのビバリーヒルズ。

ブランチの値段にしては高い、というのが正直な感想。

 

ただ、何を食べてもおいしいし、なにより自然と触れ合え、シンガポール内で非日常を感じられる。

大人はお酒を飲みながら、子供は自然の中で走り回り、半日を過ごす、という使い方をするのがベストかもしれない。

 

赤ちゃん連れの私たちは、隣に座っていた知らないオランダ人家族に、「抱っこしててあげるから今のうちに食べなさい。」と言われ、赤ちゃんを預かってもらい旦那とゆっくり食事をした。

 

日本ではありえないようなことも体験し、私にとっては、とても楽しい思い出になった。

 

写真は、勝手にうちの娘を自分の息子に抱かせるオランダ人お母さん👇

f:id:Kokoasan:20210314163832j:plain