常夏シンガポールより

2014年シンガポール渡星。シンガポール在住イタリア人と国際結婚。現在子育て中。

冷え冷えお得ビールが飲めちゃう「三錦(さんきん)」

私は、三錦(さんきん)のことを、最近までさんにしきと呼び、常連であるにも関わらず、知り合いが「やっぱさんきんはおいしいよね。」などと言うのを聞いて、「へー、今度行ってみたいな、さんきんってとこ。」などと思っていた。

 

シンガポール在住7年目となった、ビール大好き女の私がシンガポールで1番冷え冷えのビールが飲める場所、それがロバートソンキーにある三錦。

 

場所と、外装と内装

住所:11 Unity St, #01 - 14, Singapore 237995

ロバートソンキーの有名広場の一角に、一瞬怪しくたたずむ三錦。アメリカの田舎街なんかで見かける、中華と日本料理をごちゃまぜにしたような見かけのレストラン。

 f:id:Kokoasan:20210121141805j:plain

外の席はタバコも吸えるよう。

 

中はボックス席もある。

 f:id:Kokoasan:20210121141827j:plain

 

ビール

ここのビールは本当に冷たい。日本で流行ってた、アサヒのエクストラコールドビールよりも冷たい。

 

f:id:Kokoasan:20210121141848j:plain

 

ビールと泡の間で氷が軽くシャキシャキするくらいに。

 

ハッピーアワーはお昼の午前11時くらいから午後7時まで、通常SGD12のジョッキがSGD6.8で飲めちゃうのだ。お得感も半端ない。

 

料理

料理もかなり本格的。ちなみにここ、日本食屋でも、中華料理屋でもなく、日本で味わえるような優しい味付けの中華が食べれちゃう、正確に言うと「台湾」料理のお店。

 

f:id:Kokoasan:20210121142001j:plain

こちらはピリ辛鶏肉の前菜。SGD10くらい。

f:id:Kokoasan:20210121142051j:plain

ニラと豚肉たっぷりの肉厚焼き餃子。

 

中華料理激戦区のシンガポールで、日本食激戦区のシンガポール、しかもロバートソンキーエリアで、よくも日系中華で勝負にでたな、と思ってしまう。

 

いつも疑問に思うのが、オーナーは日本人なのだろうか、台湾人なのだろうか、台湾系日本人なのだろうか。はたまた日本人オーナーで台湾人が奥さんとか。

 

まとめ

ランチメニューでは、チャーハンと餃子セットとか、あっさり味の醤油ラーメンとかがあり、これまた日本の中華料理ランチを楽しめる。

 

私がおすすめの使い方は、午後7時前に行ってハッピーアワーで冷え冷えビールを飲みながら、おいしいおつまみを何品か頼んで楽しむ方法。

 

酒は飲んでも飲まれるな。